香住青年会議所(JC)について

香住jcとは

香住青年会議所は、「奉仕」「修練」「友情」を活動の基本として、「明るい豊かな社会の実現」を目指し、香住のまちに住み暮らす人々や子ども達の笑顔のために活動を続けている団体です。
1968年に日本全国で310番目にできた青年会議所で、「次代を担う青年が相集い巨視的見地により政治問題、経済問題等地域社会の現実に則した点より議論し合い、我々青年の情熱とたくましい実行力をもってこの地域社会を開発、発展させる」という創立趣意の基、誕生しました。

どのような人が所属していますか?

小売・販売業、建設業、不動産業、士業など様々な職業の経営者や、社会貢献を強く望む青年で構成されている団体です。
会員は相互啓発をはかり、より良い社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。そして、香住を愛し、未来の香住をつくるという力強い意思を持った会員が、まちのあらゆる場面で活躍しています。

青年会議所の特性

青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。 会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。 各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていくことができます。 青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。