活動報告

5月例会

今の課題が【新型コロナウィルスによる経済、教育の多大な機会の損失】と捉え、【何ができるのか考え行動し、地域に安心した生活を取り戻す】よう5月例会・事業を行いました。

本事業も三密を回避すべくZOOM(WEB会議サービス)を使い、香美町商工会青年部、香住水産加工協青年部、その他20代から40代の青年経済人にも参加していただきました。

①「新型コロナウイルス対策助成金セミナー」
リライエ社会保険労務士事務所長であり、南但JCのOB先輩でもある石田隆利氏をお招きし、「新型コロナウイルス助成金セミナー」を開催しました。売上・雇用・休業など分野別の補償・助成金について、メリットやデメリットなど解説・紹介頂きました。参加者に寄り添った経営者目線のご講演をいただき、明日にでも活用できる制度や手法を学びました。

②「今、私達にできること」ディスカッション
【支援】・【イベント】・【寄贈】をテーマに、1.今ある資源の整理、2.ターゲットの選定、3.手法 の順にテーブルディスカッションを行いました。地域内においてSNSを利用した自社PRの数珠繋ぎ、飲食店に対する個配システム、公共団体に対する必要品の寄贈など、様々なアイデアが発表されました。今後は内容を具体化し、実現する計画です。

ZOOMを活用したWEB会議・例会は、香住JCの新しいスタイルとして定着化しています。時代に即した組織の在り方を考え、アップデートする組織を目指します。
今後とも、香住青年会議所の活動に対しご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

おすすめ