活動報告

但馬4JC5月合同例会

【但馬4JC5月合同例会 Progress 「持続可能な会員拡大とは」】

令和入り始めての例会は、但馬地域にある4つの青年会議所(豊岡/美方/南但/香住)但馬4JC合同で毎年5月に実施しております。
今年度は、美方青年会議所さん活動エリアの村岡区のうづかの森様にて開催されました。

会員タイム①では「地域の重要性」のテーマで、香住JCを代表してひとづくり委員会副委員長の上田敬太君が、3分間スピーチで堂々たる発表をしてくれました。

続いて会員タイム②「持続可能な会員拡大とは」と題し宮城県仙台市(一社)泉青年会議所より釜 薫(かま しげる)君を講師にお招きし講演いただきました。
(一社)泉青年会議所は仙台市の泉区を中心としたエリアで活動されており、2010年25名の会員数でしたが2019年現在78名で、2013年より6年連続で33%の拡大を達成されています。
会員拡大と聞くと、ただ人を増やす事に注力されます。
しかし、会員が増える絶対の法則や魔法は無く。大切なのはメンバーの意識であります。

実際泉JCで、会員数が増える為にどのような取組みをされたのか、どのような組織変化があったのかをわかりやすく10個のテーマをもとに解説いただきました。
中でも印象的だったのは、私たちが広告塔で「JCと言う自社ブランド商品を誇りを持ち売る」です。
まさに青年経済人として働く私たちが、日頃している事です。

私たち自身が魅力的な人間となり、『情熱×誠意』でひとづくり、まちづくりに邁進していく事を会員一同学ばせていただきました。
私たちにとって大変意味があり、会員にとって意識高揚へとつながりました。

会員タイム②は、森田龍音委員長(南但JC)率いる但馬4JC明日の委員会が企画しこの日を迎えました。
香住JCより谷村悠悟君・島﨑貢君が2名が出向して当日は設営準備から運営と活躍しておりました。

懇親会では香住JCの活動PRや取り組みについてメンバー一同で登壇。
ブロック大会三木大会のPRに上田理事長と出向委員である中田慎吾君が登壇。
但馬の仲間達と語らい合い懇親を深める事ができました。

一般社団法人香住青年会議所
http://kasumi-seinenkaigisyo.info/
編集:島﨑 貢

但馬4JC5月合同例会 はコメントを受け付けていません。